読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北大生のブログ

現役北大生の日常や受験体験記などを書いてます

センター物理はこれで十分!

物理は高校の勉強で苦手とする人が特に多い科目です。

その理由としてあげられるのは

  • 面倒な公式が多い
  • 教科書の説明が難しい
  • 力学が理解できなければ何もできない

などでしょうか。

どの科目でもそうですが、物理が分からない→わからないことはやりたくない→もっと物理ができなくなるという負の連鎖がおこってしまいます。挙げ句の果てには物理を使わずに受験できる大学を探すことになります。

これを防ぐには、少しでも物理を勉強するしかありません。

 

物理ができない人の共通点とはなんでしょう?

私の周りの物理が苦手な人には共通点があります。それは…

 

公式を丸暗記しようとする

 

人です。物理の公式は丸暗記するものではありません。どこでどのようにその公式を使うのか、きちんと理解してはじめて公式は自分のものになり、問題を解けるようになります。

 

私が物理対策としてまず取り組んだのが『物理のエッセンス』です。

物理のエッセンス(力学・波動)4訂版 (河合塾series) [ 浜島清利 ]

価格:907円
(2017/5/12 00:30時点)
感想(24件)

 

物理のエッセンス(熱・電磁気・原子)4訂版 (河合塾series) [ 浜島清利 ]

価格:907円
(2017/5/12 00:31時点)
感想(23件)

 

かなり有名なので耳にしたことがある人は多いと思います。

エッセンスの良いところとしてあげられるのは、

  • 簡単な問題からやや頭を使う問題がある
  • 考える道筋を説明している
  • よくあるミスが書かれている

などです。

考える道筋というのは問題文から何を読み取り、どの公式を当てはめるかということです。先ほども言いましたが、公式を丸暗記するだけでは物理の力は伸びません。エッセンスは公式の意味、その使い方を丁寧に教えてくれます。

よくあるミスが書かれていることについて、他人がミスしやすいことは自分もミスしやすいということです。あらかじめどのようなミスをするのか知っておけば、同じミスは絶対にしないはずです。

 

まずは力学の範囲を最低三周しましょう。力学は物理の基礎なので、力学が理解できていないと、そのあとの波動や電磁気は理解できるはずがありません。

一周目で手を付けられなかったとしても、三周目では現象をイメージしやすくなっているはずです。

力学が完成したら電磁気→熱、波動の順で進めるのがおすすめです。

 

センター物理は基本問題がほとんどなので、エッセンスを完璧に仕上げれば8割は確保できます。

物理をセンター試験でしか利用しない人は無理に問題集に手を出さず、エッセンスを完璧にすることをお勧めします。

 

この先は二次試験で物理を使う人向けです。

エッセンスの後は自信があればエッセンスと同じ河合塾の『名問の森』をやりましょう。

名問の森物理(力学・熱・波動1)3訂版 (河合塾series) [ 浜島清利 ]

価格:1,080円
(2017/5/12 00:31時点)
感想(6件)

名問の森物理(波動2・電磁気・原子)3訂版 [ 浜島清利 ]

価格:1,080円
(2017/5/12 00:32時点)
感想(10件)

 

著者が同じということは考え方も同じです。どんなに難しい問題でも、エッセンスで学んだ解法を応用すれば必ず解けます。

『名問の森』が難しすぎる!という人向けに、『良問の風』というものも出ています、が、これはあまりオススメしません。エッセンスと内容がかぶる問題がいくつかあり、時間の無駄になる可能性が高いです。

良問の風物理頻出・標準入試問題集改訂版 (河合塾series) [ 浜島清利 ]

価格:907円
(2017/5/12 00:27時点)
感想(8件)

 

 

最後に、物理は暗記科目では無いので、地道な努力が必要です。つまり、努力次第でいくらでも伸びる科目です。頑張ってください!